大手e-コマース企業様で1年間欠員中だった拠点業務職

世界最大規模の某e-コマース企業様では、全コールセンターと地域のオンラインカスタマーサポート業務を監督する拠点業務のリーダーを探していました。

記事をシェアーする

事例のアーカイブ

大手e-コマース企業様で1年間欠員中だった拠点業務職

The Client

世界最大規模の某e-コマース企業様では、全コールセンターと地域のオンラインカスタマーサポート業務を監督する拠点業務のリーダーを探していました。

The Challenge

このポジションはすでに1年間公開されており、少なくとも20社以上の人材紹介会社が関わってきました。同社の求める最低要件は「100名を超えるチームの管理経験」ですが、コールセンター経験があり、顧客志向の考えを十分理解している人材が理想的とのことでした。その地域で最もへき地とされる場所に転勤しなければならないことが、このポジションに興味を示す候補者数を減らしていました。

同社はトップクラスの企業であるものの、長らく多売型の経営をとっており、労働環境も雇用基準も市場で最も厳しいとの評判で、人材紹介が最も難しい案件の1つとなりました。

Our Solution

Our Solution
経験面の要件を満たし、同社の企業文化に適合できる候補者を探すには、コールセンター業やカスタマーサービス業以外にもターゲットを広げる必要がありました。営業、小売業、または工場管理業での検討の他、管理規模や企業文化が同社と似た環境で就業経験がある候補者を検討すること、同社に対する市場認識への配慮から、標準的な面接手順に「採用マネージャーによる候補者への事前説明」を加えることをアドバイスしました。

事前説明により、手続きに入る際の候補者の抵抗感が軽減され、ポジションに正式に応募しなくても職務内容がすぐに分かるようになりました。Boyd & Moore Executive Search(BMES)のチームはリサーチをグローバルに拡大し、対象となる人材の幅を広げました。同案件は難易度が高いため、クライアントはBMESへの依頼前に事前調査を実施しており、最終面接を受ける候補者リストの最低要件は3名でよいとのお話でした。

しかしBMESはこれを大幅に上回る7名の適任候補者を探し出し、同社はその中から最終的に、米国在住であり、当初の要件にうまくマッチした候補者を選び、採用することができました。

その他の事例

お問い合わせ

Boyd & Moore Newsletter

Get deep insights into the state of hiring and business in Asia directly into your inbox. (英語のみ)

執筆者について

関連記事

アジアにおける採用

日本におけるダイバシティマネジメント #2 ダイバーシティ活動の当事者の声

今回の記事では、女性活躍推進の観点からリーダーとして活躍されている方と障害者雇用の観点から、外資系IT企業で働かれている方をインタビューをし、実際にダイバーシティ活動の当事者として携わっている方の声をご紹介したいと思います。

Read More »
アジアにおける採用

日本におけるダイバーシティマネジメント

本稿では、あらためて、1) ダイバーシティ&インクルージョンとは何なのか?2) 日本におけるダイバーシティ推進の特徴、3) 日本政府の取り組みとその成果、4) D&I関連の法律面での整備としてどのようなものがあるのか等、最新のデータを基に、忙しい方にも一読すれば概要がわかるよう紹介したいと思います。

Read More »

Get in touch!

確実に成果を生み出す採用プロセスを体験してみませんか?

Don't forget to subscribe

… to get deep insight and informed comment on the talent landscapes within Asia, directly into your inbox.

BMES Newsletter

Get deep insight and informed comment on the talent landscapes within Asia, directly into your inbox.